サーマクールCPT

 
サーマクールCPT

「サーマクール」はタルミ治療のゴールドスタンダードと呼ばれ、現在タルミ改善目的の医療機器の中で最も効果的とされています。
サーマクールの欠点であった施術の痛みを大幅に軽減したうえに治療効率をさらに高めた最新機種が「サーマクールCPT」です。

従来のサーマクール(初代のサーマクールやサーマクールNXT)は非常に痛い治療という大きな欠点がありましたが、チップの改良と「ゲートコントロール」という理論によるバイブレーション機能を搭載することによって、最新の「サーマクールCPT」ではほとんど痛みを感じない治療が可能となりました。

ゲートコントロール説明

サーマクールは皮膚表面を傷つけることなく、真皮深層や皮下脂肪層の中の線維隔壁まで強い熱刺激を与えることが可能です。
これにより、真皮コラーゲン線維や脂肪層線維隔壁の即時収縮が起こり、皮膚の引き締め効果や輪郭改善効果が得られます。サーマクールはリラックスFと比較してこの即時的変化を感じやすい治療ですが、高周波治療の本当の変化はその後2~3ヶ月かけてゆっくりと表れてきます。
熱によりコラーゲン線維が変性すると、新しいコラーゲン線維がどんどん作られ徐々に皮膚の引き締め効果が増していきます。コラーゲン増生による変化は治療後2ケ月頃よりわかるようになります。

コラーゲン線維収縮

このコラーゲン増生は治療後3~6ヶ月間ほど続くと考えられています。そのためサーマクールCPTの理想的な治療の間隔は6~12ヶ月とお考えください。

サーマクールCPTの施術

リラックスF

皮膚の真皮層に強い熱刺激を与えると、真皮内の線維芽細胞の働きが活発化し、皮膚のコラーゲン量が増加します。コラーゲン量をより多く増加させるためには、真皮の深部までしっかりと加熱できなければいけません。しかし、レーザーなどの光や赤外線を用いた治療では、皮膚の表面に熱が集中し、深部までを加熱しようとすれば表皮に有害な熱損傷を起こしてしまいます。
高周波は、細胞の中の水分子を振動させることによって加熱します。皮膚表面からではなく皮膚の内部で熱を生じさせることができるので、表皮に損傷を与えずに真皮深層まで十分に熱することができます。
高周波は、真皮層への熱刺激によって線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンの合成を促します。さらに強い熱刺激は、タンパク変性によるリフトアップ効果まで期待できますが、タンパク変性まで引き起こす治療は痛みや合併症を引き起こす可能性が高くなります。
高周波治療によって皮膚は引き締まり、いわゆる「皮膚のタイトニング効果」が得られます。リフト手術や糸によるリフトアップと比較すると形態的変化はマイルドですが、非常に自然な若返り効果が得られます。
高周波の作用は、コラーゲンに対する直接作用だけではありません。高周波は局所のリンパの流れや血流を改善し、老化によって低下した組織の新陳代謝を亢進させます。リンパや血流の改善によって、いわゆるデトックス効果やセルライト除去効果も同時に得ることができます。
高周波による若返りは、手術や注入治療とは異なり、皮膚の質そのものを若返らせることができる「真の若返り治療」ということができます。

リラックスF治療中写真
ハンドピースを滑らせながら徐々に加熱します。

リラックスFでは、施術直後から皮膚の引き締まり感を体感できることもありますが、本当の効果は治療後2~3ヶ月以上かけてゆっくりと表われます。
リラックスFの変化は、手術などと違い劇的に若返るというほどのものではありません。小顔になった、頬がふっくらした、と比較的はっきりした変化を感じる方がいらっしゃる一方、治療前後での写真比較では明らかな変化がわからない方もいらっしゃいます。しかし、写真上はあまり変化がみられない場合でも、夕方のやつれ感を感じなくなった、寝跡やスイミングゴーグルの跡がすぐに消えるようになった、肌の張りが出て化粧のりがよくなった、など肌の調子が良くなったと自覚される方が多く、ナチュラルな若返り変化を期待される方の満足度が高い治療法です。
そして特筆すべきは、リラックスFによるタイトニング効果は、長く持続するということです。
リラックスFは、3~4週間隔で4~5回程度の施術を行うことを前提に治療されることをお勧めしています。そして効果を実感していただけた方には、3~6ヶ月に1回程度の維持照射をお勧めしています。

リラックスFの操作パネル写真
操作パネル
リラックスF治療例
リラックスF治療例1-1 リラックスF治療例1-2
【治療前】
矢印
リラックスF治療例1-3 リラックスF治療例1-4
【3回治療後1ヶ月】

リラックスFを1ヶ月間隔で3回施行した1ヵ月後です。リラックスF治療としては、非常に大きな変化が得られた症例です。明らかにフェイスラインが引き締まって小顔になり、頬のタルミが改善しています。フェイスリフト手術の効果にも匹敵する変化ですが、写真上でここまではっきりした変化が得られる方は少ないかもしれません。
リラックスF治療例
リラックスF治療例治療例2-1 リラックスF治療例治療例2-2
【治療前】
矢印
リラックスF治療例治療例2-3 リラックスF治療例治療例2-4
【治療後】
(I2PL10回+リラックスF12回、治療開始から5年6ヶ月)
フェイスラインが引き締まって小顔になり、頬がふっくらとしています。下まぶたの凹みがなくなり、皮膚がパンパンに張ったように若返っています。I2PLも施行していますが、I2PLだけでこのような立体的な若返り変化は通常期待できません。毛穴の引き締まりはI2PLが大きく貢献しています。下まぶたの凹みの改善はまるでヒアルロン酸の注入を行ったかのような変化ですが、この症例では過去5年間一度も注入治療を行ったことがありません。5年前の治療前の写真と比較して、治療後の方が5~10歳以上若くなったように感じられます。もちろん、皆さんがここまでの変化を得られるとは限りませんが、リラックスFが持つポテンシャルの高さがわかります。